久々に履いたこの靴

当然っちゃ当然の話なんですけど・・・

いくら新品で買ったからとは言え
使っていけば当たり前の様にそれは劣化していく。

FASHIONとは、買った時点で劣化が始まっていく。

俺たちエンドユーザーである消費者は、完成品を買う訳であって
いつまでもその輝きを保つことはできないのである。

と言う訳で、久しぶりにY-3 QASAを引っ張り出して履いてみたのでした。

結果・・・・・

黄ばみがヤバイ。

ま、白い靴を買っている時点でこれはもうどうしようもなく避けられない事ではあるんだけどね。

でも・・・だとしても・・・
Y-3 QASAでこの黄ばみ方は少しショックである。

漂白剤かな。うん。

もうそれしかないね。

でも、使っていく上で汚れは仕方ないし
いつまでも真っ白の状態よりは
ちょっとばかし使い込んだ感じの方が白い靴はカッコいいんだけどね。

それに、黄ばみもそうなんだけど・・・
このQASAの場合、ゴム部分が生地になっているので・・・
シミが出てくる・・・

これが厄介かな。

やっぱり、QASAを買うなら黒一択だな。と痛感。

と言うか、ニット系やソックス系のスニーカーで白はオススメしない。
やめた方がいい。

今回のこれで得た教訓。
それをQASAで学んだのは少し高い代償になってしまったけどね。

ま、実際オールスターとかのローテク系だと
汚れもこなれ感がでるけど・・・

こう言うハイテク系で汚れは、そのままの印象
汚い感じが先行しちゃうよね・・・

なので、次回以降は本当に、気をつけたいと思います。

でも、その前に・・・

このスニーカーの黄ばみを取り除くべく、
洗浄を近いうち挑戦したいと思う!!!

やっぱり、真っ白のQASAはカッコイイ!!

長く履きたい!!

って事で、今後の事も考えて
ここいらで靴の洗濯方法を学ぶいい機会!!

って事で、白い靴の漂白方法について勉強して
その結果を近々、レポートしたいと思います!!

お楽しみに!!

では!!

SNS
Instagram→@yukio.yukimura
Twitter→@yukioyukimura


<今日のPICK UP ! >

<今日のPICK UP ! >

↑とりあえず、ジェイソンマークでいいよ!

↑ただし、ジェイソンマークの純正ブラシは硬いので布系の素材では起毛しやすい弱点がある。ので、こう言うものも常備が必要。

コメントを残す