眼鏡は顔の一部です

俺の眼鏡歴は、18年位です。
10代後半から本格的に眼鏡を掛け始めました。

元々目は悪かったのですが・・・
原付バイクを乗り出した頃に
眼鏡を作って、めんどくさくなって常用するようになりました。

それまでは、遠くを見る時様にしか使ってなかったのですが・・・

それから、ずっと1本1万円の安いカジュアルな物を
使い続けて来たんですけど・・・
このブログを始めて
色々なものと出会う中で・・・

もうブランド名も忘れたけど・・・
3年前のパリコレの時にとある眼鏡ブランドが
目を惹いたのでした。

で、その眼鏡が売っているお店を探して・・・
原宿か表参道だかのどっかの眼鏡屋さんでした。

でも、あまり数が無かったので
他に面白いブランドないかなぁ・・・・

と、インポートメインで探していたのでした。

それで、いろんな眼鏡屋さんを見て
そこで扱っている眼鏡も隅々までチェックしている中で
見つけたのが
今俺が使っている眼鏡なのです。

それが
MASAHIRO MARUYAMA
と言うブランド。

俺の中の眼鏡に対する既成概念を根底からぶっ壊してくれたのがこのブランド。

そもそも、人の顔って左右非対称なのに
なんで眼鏡は左右対称なんだろうね???

って言う事にすら気がつかなかった。
眼鏡は左右対称が当たり前。

それが、この世の成り立ち。

とばかりに、当然と思っていた。

けれど、このMASAHIROMARUYAMAは
左右非対称どころか、全てがいびつに作られている。

それが素晴らしく、まさに身につける芸術品かの様な
いい意味での異様な存在感を放つのである。

では、早速俺が買った物をシェアして行きたいと思います。

まずは・・・外箱。

開けるとこんな感じ。

アイコンは星マーク。
メガネケースは、シーズンごとに変わっている模様。
前回は型押しレザー調でした。

今回は、何にもなくツンツルテン(笑)

と言う訳で、俺が買った眼鏡です!!

ここ10年、ほぼ黒縁眼鏡だったのですが・・・・
一時期ソロイストのティアドロップ型サングラスに
クリアレンズを入れて常用していたけど、
結果すぐにセルフレームに戻しました。

それ以来となるメタルフレーム。

今回は、形はオーソドックスなスタンダードなので
飽きる事なくまた数年先まで使い続けられるかな、と思っております。

もちろん左右は非対称。

ところどころが歪にできているフレーム。

素晴らしい。
ぱっと見では、簡単には分からないんですけど・・・
それでも、俺自身この眼鏡を掛けていて
しっくりくる感じがたまらなくいいんです。

全てにおいて、手書きで書いたかの様な
歪な線。

真っ直ぐな線は一切使われていない。

面白い作り。

絶対これ以上の眼鏡はもう、出会わないだろうな。
と、俺は思った。

なので、眼鏡に関してはコレが終着。
もう、このブランドの眼鏡しか買わない。

ちなみに、前回俺が掛けていた眼鏡はこちら。

もう、黒縁は飽きてしまいました。

なので、当分はこれで行きます。

金縁は初めてだし結構目立つかもしれませんが・・・
今の眼鏡界のトレンドは、細フレームなので
その気分にも合わせてみたって感じです。

形で言えば前回かけていた物と
変わらないので掛けた印象も大きく変わり過ぎないってのも
決め手だったのかな。と、思ってます。

黒縁からメタルフレームに変えると
やっぱり、格好のテイストが変わり過ぎてしまうかなぁ・・・

とか、懸念もあったんですけど・・・

MASAHIROMARUYAMAの作る眼鏡にそんな心配は野暮でした(笑)

では、最後に・・・

今回買った眼鏡

値段は4万5千円程でした。

で、レンズを入れて
5万ちょい。

だったんですが。。。

今回俺が買ったお店は
リピーター割りというのがあり
前回そのお店で眼鏡を作っている人は
10%OFFというサービスが!!

で、結果、5万弱でお釣りがきました!!!
うれスィ!!!

って事で、金銭的にも非常に満足のいく買い物でした!!!とさ!!!!

あ、俺は基本顔出しはしていないので、
このメガネをかけた画というのが出せないので
ご了承くださいまし!!

申し訳!!!!

SNS
Instagram→@yukio.yukimura
Twitter→@yukioyukimura


<今日のPICK UP ! >

↑コレ最高!!


↑オリバーピープルズとか色々試した結果、行き着いたのがMASAHIROMARUYAMAです。

1 のコメント

  1. ピンバック: EYE WEAR – 寒空の下、俺はたたずむ。

コメントを残す