1年が経過

気が付けばこの靴も、買ってから1年が経過。

今年、1番履いた靴がこの靴でしたね。

履きやすさ、履いた時の自分の目から見た格好良さ、鏡に映った自分(足廻り)
どれをっても1番満足できたのがこの靴でした。

時には、ぼってりしたシルエットが嫌になることも多少はありましたが。
夏場にね。何となくスッキリしたシルエットを求める時とかはちょっとボリュームあり過ぎかな。
とは感じましたよ。

でも、結局寒くなってくると・・・やっぱりこの靴が1番履きやすい。

一言で言えば・・・最高(笑)

この形容詞以外は出てきません。

で、いざ、今年もリックの靴を買おうとなった時に・・・
迷わずジオバス一択だと思ったのですよ。

でも・・・やっぱり、もう一足欲しいなぁ・・・と最後の決め手になる時に
途端に欲しくなったのでした。

まぁ、しのごの言ったところで・・・まだ手元には届いてませんがね・・・

料金の支払いは11月24日に済ましたのですが・・・
受注生産の訳がないこの靴で・・・
お店側の都合で発送すらされていない・・・

俺の予定ではもうバリバリ履いているくらいだったのに・・・(笑)

どういうこっちゃねん!!

と、そんな愚痴を言っても仕方がないので、とりあえず
今履いているこの靴のことを考えながら、気長に待つとしますかね〜。

何だろうなぁ・・・

決してカッコイイとは
思えなかったadidasのアイコンでもあるスーパースターで
こうも、モードに振れるのか!
と、俺は衝撃を受けたんですよ。

初見で見たときにね。

これぞ!モードだ!!と、改めて俺が好きなのはモードなのだと痛感。

去年買いまくったストリートブランドは所詮、流行の一端。

 トレンドが次なる山探しに移ろうとしつつある谷間の今は、まだ惰性で着れるけども・・・

次なる山へと登り始めたら・・・もうプレジャーズとかASSCは着ないかもしれないな・・・

ちなみにVETEMEMESに関してはモードの解釈で作っているストリートブランドなので着続ける。と、思う。

そう、気が付いたのよ俺。

結局、今のトレンドをそのまま身に包むと・・・
今はカッコいいけど、次のトレンドに移れば着れなくなる訳です。

でも、モードに関しては、トレンドもあるけど結局そこは
モード故に、使い方次第では数年先も使い得るのです。

アーカイブを巧みに、その時のトレンドと織り交ぜる格好良さ。

これもまたモードだからこそできる技。

これがASSCとかだと、昔ながらのUS製品をベースに作られているので
時代によっては古臭く写るのは致し方ない。

シルエットなどで洗練さを打ち出すことができない点で、難しいよね。

でも、やっぱストリートという文化は今も昔も変わらずある物なので
きっと柔軟にトレンドを追いつ追われつするんだろうなぁ。

さて、気が付けば、もう数ヶ月後には2018FWのコレクションが始まりますね。
次なるトレンドは誰が作るのか!?

それともまだ、デムナ氏が走り続けるのか!!

次も見ものです!!

って、靴の話から偉いところへ着地したなぁ・・・(笑)

SNS
Instagram→@yukio.yukimura
Twitter→@yukioyukimura


<今日のPICK UP ! >

コメントを残す