欲しいものがあれば海外からも買えるネットの時代
ならば売る側は海外へ売れるのか?

またもドリームニュースネタです。

ドリームニュースとは、プレスリリースを扱うサイトです。

まぁ、ネタ探しに俺が唯一利用登録しているニュースサイトな訳であります。

そして今回、またも興味深いサイトを発見したので紹介したいと思います。

買い物をする際に、欲しいものがあれば多少のリスク(送料や関税など)を追っても
買ってしまいますよね。それが海外からだったとしても。

だって欲しいんですもの。理由はただそれだけ。

欲しいから買う。

でも、売る時って・・・
海外へ向けて商品をお届けするのは・・・

敷居が異常に高いですよね。
特に日本の場合。

海外って、普通に世界中に発送ができる
宅配サービスがあったり、決済もペイパルが昔から普及してましたよね。

クレジットカードと、多少のやる気で簡単に買い物ができる。

でも、お店側、要は売る側はいかんせん、おいそれと簡単に海外を
相手に商売はしづらい。

だいたい日本の場合は、海外の大手サイトと提携したりしてそこに自社製品を
扱ってもらうとかそんな感じが多い気がします。

それか海外支社を作るとか。

まぁ、実際売る側の立場に立ったことはないので詳しい事はわかりません。

が、基本、日本のサービスは・・・
海外発送できません。
の注意書きをよく見ることが多いです。

そこで見つけたのが今回紹介するサービス。

TokyoExpressJPトーキョーエクスプレスJP

というもの。

詳しい話はリンク先をご確認ください。

メッサ割愛すると・・・

とにかく海外展開がよりしやすいサービスになるとのこと。

今回は100社募集をかけていて、問い合わせ多数あって
レスポンスが遅れ気味な模様。

そのくらい注目度が高いってことですよね。

しかも、勢いでやるわけではなくしっかりマーケティングも
出来るみたいなので自分の市場が海外でも通用するのかを
見極めができて、ビジネスとしてリスクヘッジが可能な点が
この記事を読んでいていいと思えました。

インバウンド・越境EC「トーキョーエクスプレスJP」第1期100社募集開始 あなたの商品は世界のどこでどう売れるのか?TokyoExpressJPトーキョーエクスプレスJP2016年3月28日スタート

売る側のみなさん!!
どーですか?これ。

JAPAN MADEを世界に!
なんてガイアの夜明けみたいなことを言ってみる(笑)

でも、このサービスはそれがより身近になるってことですよね!

ちょっと、ワクワクしますね(笑)

ってことで、気になった方、こちらのサイト覗いてみてはいかがでしょうか↓

TokyoExpressJPトーキョーエクスプレスJP

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメントを残す