引用:https://tenshoku.mynavi.jp

退職をしました

俺は仕事を辞めました。15年も勤めていた会社を。

サラリーマンと言えども、工場での現場作業員でした。一般的に言えば、オペレーター職です。
基本俺は飽き性で、その会社に勤めるまでは2年以上同じ仕事をした事はありませんでした。

そんな俺が何故こんなにも同じ仕事を毎日続けられたのか…というと、話は単純です。

それまで、正社員で働いた事もあったけど、中卒で当時は若い事もあって給料はバイトと変わらないくらいでした。
それが作業内容関係なく大企業に勤めたものだから、収入が劇的に変わり、数年で辞めるつもりがローンや借金がありいつの間にか辞められなくなった。というだけの話です。

その頃はDJもやっていて毎月それなりにレコードも買っていた事も理由でしたけど。

では、何故そんな不自由のない環境を変えようと思ったのか。俺が会社を辞める事になった原因を書いていこうと思います。

引用:https://agency-star.com/freelance/articles/307/

人生を見つめ直す時期

音楽をやっていた頃は、レコードを毎月買っていた事もあったし、人生において大きな目標があったので生活に疑問は抱いていませんでした。
ちなみに大きな目標とは音楽で芽を出す事。しかし、自分に音楽でやって行く才能は俺には無いと痛感し、夢は儚く散りました。

それでも音楽では、東京のプロのDJの人達とも交流したり、一部の人からは選曲のセンスも褒められたりなどはしていたんですが…やっぱりそれだけではダメなんです。音楽は、エンターテイメント。でも前提として客商売が基本です。俺はそもそも客商売、サービス業が苦手でした。

人見知りだし。音楽がいくらセンス良くても人が寄って来なけりゃ、意味が無い。いくらいい音楽を作ったところで認知されなきゃ、食ってけません。
ということで人を惹きつけることが出来ない俺は、内容は良くても結果が出せない。
という現状に嫌気がさして、最後の勝負に出たのですが…俺という人間の器の小ささを痛感して、諦めざるを得ませんでした

自分の世界は会社が基本に

音楽を諦め、自分の生活は会社が基本になりました。それでも、ネットの世界で生きていこうと紆余曲折を経てたどり着くのですが…
所詮趣味の範囲はでません。このブログの前身となるものを、ジュゲムブログで始めたりなどするんですけど、その辺は割愛します。

それはさておき俺が同じ会社に15年も勤められたのは、お金の部分と、人です。
自分と同じような人がいっぱい居て、居心地が良かったのだと思います。

やりたい事が見つからず、のらりくらりとそれなりに人生を楽しんでいる。生活のために仕事をしている。人間ほとんどそんな人ばっかりですよね。自分のやりたいことをやりたいようにやって稼げている人なんて、一握りです。

それに俺が飽きずに、この会社にいられた理由は異動。飽きてそろそろ生活を変えたい、と思う頃に異動の話が来るんです。部署や工程などの配置転換。本当にいいタイミングでね。

早けりゃ数ヶ月、もしくは数年に一度新たな仕事を覚えていたのです。それで、新鮮な職場につけたこと。これが15年間続いた最大の理由かもしれません。

人生を考える転機

3年ほど前、俺は10年ぶりくらいに部署が異動になりました。そこで、ある人間からスケープゴートにされたのです。ちょっとした些細な出来事も俺のせいにされ、日に日にそれがひどくなり職場でもモラルが無さすぎると、問題になっていました。その人間はそれが常習で、よく特定の人間を狙っていじめに近いことをやっていました。

それが仕事にかこつけて理由を作るので、標的となった人間が悪者になり、丸かぶりするケースがほとんどです。その標的になった俺は上司に相談した結果、1年ほど前に再び部署異動を告げられる事になったのです

被害者である俺が異動になってしまう結果となりました。それでもいろいろ心配してくれる人も多かったんですが、忙しい部署だったし要らぬ心配をしなくていいなら、と俺も受け入れたのです。

しかし本当の地獄は、そこから始まることをまだ俺は知る由もなかったのでした

引用元:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/43

始まる、本当の地獄

俺が異動になった部署は、力仕事が基本でいわゆる脳筋な人間ばかりがいる部署でした。
俺が配属になった班のリーダーの考え方が、一方通行でとにかく自分のやり方どおりにいかないと納得しない人だったのです。

それは、その部署ではとにかく有名な人間で、やりづらい事でみんなから嫌われていたんですよね。本当に。

それでも、俺はいつも通りのらりくらりとやっていたんですが…昨年の夏以降に爆発したんですよね。
ぶつかっても聞く耳を持たない。やり方も細かく言ってくる。の割には何も教えてくれない。

手空きになったら言ってください。という彼に手が空いたと言うと無視されます。それでもやることないので何回か問うと…
あれやって下さい。と言うのです。あれ?あれって何?って俺が言うと「チッ」ってめんどくさそうに指をさすのです。
一例がこんな感じ。これが毎日何かしら小さなストレスになり、次第に大きくなってくるのです。溜まりに溜まっていきます。

まぁ、1人の人間のことをとやかく言っても仕方ないので、俺の身に起きた症状を簡単に説明します。

ストレスの結果

まず仕事に行くのが、だるくなります。それで定期的に休みがちになりました。その変は全然序の口ですけど…
前の部署は有給取得年に2日と、ほとんど休んでなかったんですが…この1年で10日近く休んだね。

食欲不振、便秘。ついには身体にもストレスの影響が出てしまいます
更には、1番落ち着くはずの家にいる時間が1番苦痛になるのです。何故なら、仕事に行くためのカウントダウンが始まっているからです。
48時間の休みがあるとします。1日目は割と開放感で普通に過ごせるのですが…

2日目になると…あと24時間後には会社に行く準備をしなくては行けないの…
あぁ、明日の今頃は通勤してるんだな。
と考え始めて、体が重くなり何にも手がつかなくなります。

怠くてベッドから起き上がれなくなってしまいました。せっかくの休みなのに何も出来なかったんです。

とにかく、毎日が本気で憂鬱でした

そんな時悩んで悩んで、こんな思いをして毎日生きていくなら…いっその事...

と、首をくくる覚悟をしてしまいそうになりました。
これ、盛ってるとかそんな話ではなく、真面目にそう考えていたんです。こんな思いをしてまで仕事に行くのなら…生きてる意味ねーな。って。そう思っていました。

引用元:https://googirl.jp/lifestyle/1510tensyoku124/

転職サイトを眺める日々

そして俺は、転職サイトを眺める日々が始まったのです
いい条件のところを見つけてさっさと辞めてしまおう。と。

それで派遣会社に登録をして、正社員雇用を前提とした場所を探し始めたのです。

しかしそれで仕事の悩みがなくなる訳ではないです。変わらない日常に嫌気がさしていました。自分の中で消化も出来ずに悶え苦しむ日々。そんな中、知り合いのコーヒーショップの店長に、相談したんです。仕事が嫌すぎてマジどうしようもない。人生で今が1番ツマラナイ。って。

そしたら、そう言う時期ってありますよと、共感してくれたんです…
人生楽しく生きたいっすよね
って。俺はその言葉に救われました。今までの胸のつっかえが取れたと言うかそんな感じがしたのです。

何気ない一言だったんですけど、俺はその言葉をきっかけに考え方が変わったんです。

結果として、俺が会社を辞めた理由は人です。人との関係に疲れてしまったのです。

まぁ、元々1人が好きだって言うのもあったんですけど。

動き出す日々

人生1度きり。楽しく行こうじゃないか!一度は首を括ろうとも考えたんだし、死ぬ気で何かをやれば今よりは、マシになるのでは!と、仕事探しのベクトルを変えました。在宅ワークと言う選択肢を視野に入れたのです。
そして、今の仕事WEBライター、フリーランスとして生きていく。と言う決意に至りました。

今月で会社は完全に籍が抜け、最後の給料になります。

来月から完全フリーランスの収入ですけども…現状10万も稼げていません。ガチムチにピンチです。

でもまぁ、とりあえず1ヶ月やって来てどんな生活リズムでやればいいかが、つかめて来たのでこれからが本当の正念場。

多分4月の支払いは滞るけどね。真剣にやばいよ。うん、それでもさ、人生なるよーになるさ。としか考えてません。

超楽観主義です。やりたい事で食えるようにガムシャラにやるっきゃない。まぁ、覚悟があるかどーか。それだけ。

と言う訳で、長々とお付き合いありがとうございました!
もう少しブログの更新頻度、あげますね。なんとか。

では本日はこれにて!!

<今日のPICK UP ! >

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法 [ 北野 唯我 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<全図解・最新版> 退職・転職成功マニュアル [ 島田弘樹 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)

楽天で購入

 

 

転職、退職には準備が必要不可欠です!経験者は皆口を揃えて言っています!

1 のコメント

  1. ピンバック: 【2019年決定版】この春に買い足したいアイテム – 寒空の下、俺はたたずむ。

コメントを残す